いつでもおいしいお茶が飲めるお茶の通販ランキング

三角の画像

トップ > お茶の通販について > おいしいお茶の入れ方

おいしいお茶の入れ方

 ペットボトルのお茶が現代では非常に普及してしまっているため、茶葉でお茶を入れる人が急激に減少してきています。確かに急須やティーポットに茶葉を入れるのは面倒かもしれません。洗いものも増える上、清潔に保っておくのも楽な作業ではないと言えます。しかし、お茶は昔から健康に良いと言われているように、様々な有効成分が含まれているというのも事実です。それらはペットボトルのお茶ではほとんど摂取できないと言っても良いかもしれません。そのため、健康への効果を期待する場合には、茶葉で入れることがお勧めとなっています。
 もちろん茶葉で入れればペットボトルのものとは比較にならないほど良い香りや味わいといったものを体験することができます。ティーポットなどを使う過程は面倒くさいかもしれませんが、お茶を味わうという豊かな時間を過ごす上ではそのひとつひとつの作業も重要なものとなっています。時間がある際には、お茶が持つ本来の風味や味わいを茶葉で味わってみるのも良いでしょう。

 一般的にはおいしいお茶の入れ方というものがあります。しかし、人それぞれ味や香りの好みが違っているはずなので、一概においしいお茶の入れ方というものがあるとは言えないかもしれません。はじめのうちは、その一般的な方法にしたがって入れてみると良いでしょう。それを繰り返すうちに自分の好みの味や濃さなどがわかるようになってきます。そうしたら自分なりのオリジナルな方法で入れるようにすれば、よりおいしくお茶を味わうことができるでしょう。そのためには、何より良質な茶葉を買い求めることが必要となります。
 もちろん高額なものであればおいしい可能性は高くなっていますが、好みにもよるので、まずはいろいろなタイプや種類のものを飲み比べてみることが必要です。同じ種類のお茶でも茶園などによっても風味が異なってくるので、おいしくお茶を入れるには飲み比べという過程が重要になってきます。

 おいしくお茶を入れるには、まずきちんと茶葉の量をはかる必要があります。多すぎると苦味や雑味が増えてしまいます。逆に少ないと旨味を充分に味わうことができません。意外とおろそかにしがちなのがお湯の温度です。緑茶の場合には、かなり時間をおいて冷ます必要があります。紅茶は熱湯で入れると言われていましたが、最近は一呼吸おいて冷ました湧きたてのお湯を使うというのが主流となりつつあるようです。一般に熱湯で入れればシャープな味わいになり、低温で入れるとまろやかな風味になると言われています。
 また、蒸らし時間も重要になってきます。蒸らし時間によってお茶の濃さは変わってくるので、こまめに味見をすることで自分の好みの濃さを見つけることができるでしょう。しかし、一般的にいわれている方法が誰にとってもおいしい入れ方というわけではないので、まずは基本を参考にして入れてみるとコツをつかんでいくことができます。

次の記事へ